善玉菌を増やす方法は3つあります。

  1. プロバイオティクス(生菌)
  2. プレバイオティクス(オリゴ糖・食物繊維)
  3. バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)

A.プロバイオティクスは・・・

食品から摂取される生きた菌の事で、腸内フローラのバランスを改善し有益な作用をもたらす微生物の事。
ヨーグルトやチーズ、漬物等
人が菌を食べる
lactic_01

B.プレバイオティクスは・・・

ヒトに有益な作用をもたらす生菌であるプロバイオティクスの働きを助ける物質と、それらを含む食品。
蜂蜜やオリゴ糖、食物繊維を多く含む食材
菌が有益物質を多く作り出すためにエサを食べる
lactic_02C.バイオジェニックスは・・・

有益物質そのものを摂りいれるという考え方。胃酸や胆汁に関係なく、腸内細菌を介さず直接作用する。全て腸に届くので、大注目の健康法!!
有益物質そのものを摂りいれる

なぜ、C,バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)が良いのか。

それは、A・Bの場合腸に届くまでにほとんどの細菌が死滅してしまうからです。
どんなに多く摂りいれても、有益な働きをしてくれる菌がほとんど死滅してしまうので、効率性も悪く、効果も劇的ではありません。

「腸」は“第二の脳”と呼ばれるほど重要な器官だと知っていました?
だからこそ「腸内環境」を整えることが、健康になるためのカギなのです!

一般的な乳酸菌入り食品を摂取しても、胃液や胆汁によりほとんど死滅し、生きて腸まで届かないと言われています。
しかし、「乳酸菌生産物質」は生きた乳酸菌そのものではありませんので、胃液や胆汁、ご自身の環境や健康状態に関係なく、確実に腸まで届き、活力を与えてくれます。
乳酸菌が良いと言われるのは、乳酸菌そのものではなく、乳酸菌が作り出す代謝物質「乳酸菌生産物質」が腸に直接働きかけるからです。
この乳酸菌が作り出す物質を「乳酸菌生産物質」と言います。
乳酸菌ではなく、この「乳酸菌生産物質」を直接飲む「バイオジェニックス」は、ご自身のもつ菌や状態に左右されないため、今、健康への新しいアプローチ方法として注目されています。

lactic_03